宅配水・ウォーターサーバーのリアル評判口コミ

近年人気になっているのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーとは、専用のボトルをセットすることで冷水や温水をいつでも使用することができる給水給湯機器になります。もともとは業務用に開発されたものですが、家庭用としても広く普及しています。

利用することのメリットしては、まず水の安全性が挙げられます。天然水や純水に近いRO水が使われていることが多く、水の業者のホームページには成分などを全て公開されています。

成分を知ることで安全性を確認することができ、安心して飲むことができます。

基本的に日本の水道水は安全ですが、それでもカルキなどの化学成分が含まれていますが、ウォーターサーバーで利用される水にはそのような心配がなく安心して子供にも与えられます。

また、水の種類は業者によって異なるため、自分好みの水を選べるのも魅力です。

いつでも冷たい水やお湯を使うことができるため、料理を作るときにも役立ちます。しかし、様々なメリットがありますが、心配なのが料金だと思います。

ウォーターサーバーを利用するときの料金は、様々な面から考えることが必要です。

ウォーターサーバーと浄水器どっち

ウォーターサーバーと浄水器では美味しさやゴミの捨て方など。ペットボトル用アダプター

水にこだわる人たちの多くは、ウォーターサーバーや浄水器を利用しています。

それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。

ウォーターサーバーと浄水器の両方を利用した経験から、両者の比較をしてみたいと思います。

ウォーターサーバーと浄水器どっちがおいしい?

ウォーターサーバーを利用する場合は採水地域や水の種類などを選ぶことができますが、浄水器の場合は水道水です。

含有成分や水本来の味などの点から比較すると、ウォーターサーバーのほうがおいしいと言えると思います。

ウォーターサーバーと浄水器どちらが安い?

ウォーターサーバーを利用する場合、サーバーのレンタル料金や水の料金、配達料、電気代などが掛かってきます。

中には「レンタル料無料」「配達料無料」という業者もありますが、やはりかなりの料金が掛かります。

浄水器の場合は、種類によって初期費用が変わってきます。

安い浄水器ならば3,000円程度、高いものは20万円ほどしますので、場合によっては最初に高額な投資が必要です。

ただし、毎月の利用料金は1,000円~1,500円程度のカートリッジ代で済みますので、浄水器は1度購入すれば費用は安く済むと言えます。

使用後のゴミは?

浄水器の場合はとくにゴミは出ませんが、ウォーターサーバーを利用する場合は使用後の水ボトルの処理が大変です。

回収方式の場合は取りに来てくれるまで保管しておく必要がありますし、使い捨てタイプの場合はゴミが出ることになります。

ですが、最近の使い捨てパックはとてもコンパクトにたためるようになっていますので、それほど大きくかさばるものではありません。

ゴミの捨て方については、各自治体のルールを守るようにしましょう。

ペットボトルの水はお得?注意点は?

ペットボトルの水を購入する場合、その値段はピンからキリまであります。

国内の水や海外の水、軟水、硬水など、非常に多くの種類があり、料金がお得かどうかは一概には言えません。

また、海外の水を買うことも多いと思います。日本国内の水は軟水がほとんどですが、海外の水は硬水であることが多いです。

硬水は和食には合いません。また、赤ちゃんのミルクを作るのにも硬水は適していません。

さらに、殺菌処理をしていない海外の水の場合、害はないのですが菌が含まれています。

我が家では子どもが小さいうちは、海外の水を口にしないように気をつけていました。

ウォーターサーバーのボトルのタイプと選び方について

ウォーターサーバーのボトルにはさまざまなタイプがあります。

ボトルの種類にはガンロボトルとペット樹脂ボトル、パック容器のボトルの3つの種類があります。

また回収システムによって2つのタイプがありますが、どのように選べば良いのでしょう。

リターナブルタイプのボトルとは・・

リターナブルタイプとは、水を使い切り空になったボトルを回収し再利用されるシステムのことです。

容器はガンロボトルが使用されています。

ガロンボトルとは丈夫な硬い素材で出来たボトルで、次の水の配達まで自宅で空の容器を保管しておかないといけません。

今のようにウォーターサーバーが一般家庭に普及するまでは、このガンロボトルが主流でした。

一般の家庭ではそれほどたくさんの水を利用しないでしょうが、それでも空のボトルの置き場所に困る家庭が多いでしょう。

またガロンボトルは外部からの空気が侵入してしまうので、水の衛生面が問題視されています。

ワンウェイタイプのボトルとは・・

ワンウェイタイプとは使い捨てボトルのことです。

ペット樹脂ボトルやパック容器が使用されていて、今の主流はこちらです。

柔らかい素材で出来たボトルで水が減るごとに小さく縮んでいき、使用後にはそのまま小さく折りたたんで家庭用の資源ごみとして出すことができます。

ガロンボトルのように空になったボトルの保管に困ることがありません。

また、水が減るごとに小さく縮むので、外部からの空気も入り込まず衛生面でも優れています。

使い勝手の良さ衛生面でも選ぶなら断然ワンウェイタイプのボトル

リターナブルタイプのボトルとワンウェイタイプのボトルにはこのような違いがあるのですが、やはり使い勝手の良さで選ぶなら断然ワンウェイタイプのボトルがおすすめです。

衛生面でもワンウェイタイプのボトルが上です。

ウォーターサーバーのボトルを選ぶ上では、水の容量についても注意が必要です。

ウォーターサーバーの業者によってボトルの容量はまちまちです。

12リットル入りが多いですが、8リットル入りや6リットル入りのボトルもあります。

女性や高齢者が12リットル入りのボトルを交換するのはかなり大変なことです。

女性一人でボトル交換することが多いようであれば、8リットル入りや6リットル入りのボトルを選ぶのがおすすめです。

ウォーターサーバーには色々な種類のボトルがあります。

少し前に主流だったリターナブルタイプよりも、資源ごみとして捨てられるワンウェイタイプのボトルがおすすめです。

ウォーターサーバーを利用する場合に必要なメンテナンス

水やお湯がいつでも飲める便利なウォーターサーバーですが、こまめなメンテナスも必要です。

水分補給やミルク作り、料理やお酒の水割りなどにも幅広く活用できる便利なアイテムですが、そのまま放置していてはいけません。

せっかく安全なお水を届けてもらっても、メンテナンスが十分でないと不衛生になってしまいます。

ウォーターサーバーは自宅でのお手入れも必要

ウォーターサーバーのサーバーは、メーカーでのメンテナンスサービスもありますがそれだけでは不十分です。

サーバー内部の汚れなどは専門家にお任せするしかありませんが、設置場所でのメンテナスは自宅でこまめに行う必要があります。

特に注意したいのは手が触れる蛇口付近です。

コックをひねればすぐに水やお湯が出てくる蛇口付近は、手やコップなどの食器が触れる部分でもあります。

ウォーターサーバーの中でも最も細菌が発生しやすく汚れやすいのが蛇口付近ですから、こまめなお手入れが必要です。

毎日汚れや水気もふき取って、台所用のアルコールで消毒すればばっちりです。

蛇口の下にある受け皿もぬめりやすく細菌が発生しやすいので、毎日取り外して台所用洗剤でキレイに洗いましょう。

また、サーバー本体の背面や本体もほこりや汚れがつきやすいので定期的にお手入れしましょう。

掃除機でほこりを吸ったり、湿らせた布巾などで軽くふき掃除をしましょう。

メーカーによるメンテナス方法は!?

メーカーによるメンテナンスは各メーカーによって対応が違ってきます。

ウォーターサーバーを分解洗浄してくれるメーカーもあります。

一旦引き取って全て分解してから部品などの細かい部分も徹底的に洗浄し消毒してくれます。

あるいはサーバー本体そのままを新しく交換してくれるメーカーもあります。

サーバーが自動でお掃除をするセルフクリーン機能が搭載されたタイプもあります。

このタイプは常に自動的に洗浄されているのでメーカーによるメンテナンスがありません。

メーカーのメンテナンス料金は!?

メーカーによるメンテナンスの費用もメーカーごとにかなりの違いがあります。

メーカーのメンテナンスは1年に1回くらいのスパンで行われることが多く、1年に1回メンテナス料が発生します。

メンテナンス無料のメーカーでも、購入する水やサーバーのレンタル費用にメンテナンス料金が含まれていることもあります。

ウォーターサーバーを利用する際には、お水やサーバーのレンタル料金だけでなく、メンテナンス料金のことも忘れないでおきましょう。

ウォーターサーバーを安全に利用するためには、こまめなお手入れが必要です。

メーカーによるメンテナンスの内容はそれぞれに違いがあるので事前に確認しておきましょう。

ウォーターサーバーレンタル価格の比較

例えば、アクアクララではレンタル料金は最低1050円からで、メンテナンス費用は無料でした。

TOKAIはレンタル料金が最低で800円かかりメンテナンス費用は無料です。サーバーを無料にしている分、メンテナンス費用が必要なメーカーもあります。

アクアセレクトは年3000円、クリクラは年5250円かかります。サーバは無料で、特にメンテナンス契約がなくセルフメンテナンスを推奨しているメーカーは、クリティア、フレシャス、ワンウェイウォーターなどです。

そして、サーバーもメンテナンスも無料でサービス提供しているのはアルピナ、コスモ、DMM.comなどです。

宅配水の利用には、この他に水の代金、電気代が必要ですし、水の購入に関しても最低本数の条件を付けているところもあることを覚えておくとよいでしょう。